杉並の家保育園 杉並 トップページ 保育園の紹介 年間行事 イベント情報 杉並の家保育園の保育 給食 保健 入園手続き おさんぽみち
0歳児   ひよこ組 1歳児   りす組
2歳児   うさぎ組 3歳児   ぱんだ組
4〜5歳児 らいおん組
0歳児   ひよこ組
一日の生活の流れ
大切にしたいこと
環境
食事
遊び
家庭との連絡
一日の生活の流れ
 7:00 順次登園
  健康状態の観察
自由遊び 
午前睡
 9:30 登園完了
戸外散歩
室内遊び
夏:沐浴、温水遊び
10:15 午前食
授 乳
順次午睡
随時起床
14:15 午後食
授乳
遊び
午後睡
順次降園
18:00 延長保育(満1歳より)
補食・自由遊び
20:00 閉園

※オムツ交換は、個々にあわせて対応しています。
※定期的に水分補給を行います。
up 
大切にしたいこと
一人ひとりの子どもの要求を大切に受け止め、保育士との情緒的な結びつきを強めながら、人間関係の基本を
つくる
しっかり飲み(食べ)、遊び、眠り、園と家庭との一環した24時間の生活リズムのなかで安心して過ごせるようにする
子どもにとって快適な環境づくりを心がけ、ひとりひとりの活動意欲を高める
家庭との連絡を密にとりながら、園でも家庭と同じように安心して過ごせるようにしています
up 
環境
健康な心身に育っていけるような清潔で心安らぐ環境作り
保育士や子どもの身の回りの環境や衣類、寝具、玩具などの点検をし、温度湿度などの保健に配慮しています
室温
・夏 25度前後(外気温との差は5度以内)
・冬 16度〜20度(乾燥時期は加湿器を使用する)
換気に気をつける
気候や体調に留意し、きるだけ薄着ですごし、丈夫な体をつくっていく
up 
食事
健康な心身に育っていけるような清潔で心安らぐ環境作り
発育の様子を保育士・看護師・栄養士で話し合いながら、健康状態に配慮した離乳食を進めていきます
月齢に応じて献立を作り、徐々に幼児食開始の献立に近づけています
離乳食開始は生後5ヶ月頃、牛乳への移行は満1歳以上(3回食完了の頃)を目安にしています
離乳食を展示していますので、いつでもみることができます
一人ひとりの生活時間に合わせて常に暖かい食事を用意しています
離乳食についてはこちら!
up 
遊び
一人ひとりの発達を促すような遊びを保育士や他児との関わりを大切にしながら楽しみます
あおむけ 物をじっと見たり、ゆっくり動く物を目で追います。
おもちゃを持つと目の前へもっていき、眺めたり、口に入れて確認します。
保育者の声掛けに反応し、手足を動かしたり笑います。
モビールが揺れるのを見て安心したり、他の子どもが遊ぶ姿をじっと見つめます。
寝返り 横を見たり、身体をひねり、あおむけから腹這いになります。
この行為自体が遊びとなり繰り返し楽しみます。
腹這い 首が座ってくると腹這いの姿勢が可能になってきます。
頭や胸を持ち上げ周囲を見回したり、おもちゃを見つめ手を伸ばして取ろうとします
這い這い 手足を動かし、足腰に力がつき、つかまり立ちへつながっていきます。
お座り 手が自由になり、両手で物をつかんだり、指先が自由に使えるようになります。
(大人の援助も大切になりますが、時には自分の力で出来るのをゆっくり待ちましょう)
つかまり立ち 壁や柵などにつかまって立つことが安定してくると、一人でバランスを取って立ちます。歩行の第一歩です。
ひとり立ち 転がるボールをおいかけて取ったり投げたりを楽しみます。
歩けるようになることで、行動範囲は大きく広がり、新しい物や新しい出来事にたくさん出会えるでしょう。
散 歩 健康管理に配慮しながら、外気にふれる機会をふやします
ベビーカーに乗って近隣の公園へ出かけます
up 
家庭との連絡
日々の家庭と保育園をつなぐ大切な役割
毎月2回 健康カード 身体測定・園医による乳児健診を行い結果を記入配布します
毎月1回 園だより・クラスだより・保健だより・給食だより・献立表を配布します
毎  日 おたより帳を使って子どもの様子等を相互に伝え合います
随  時 育児相談 健康相談 個人面談をしています
up 
Copyright(c) Since 2004 keiwakai Social Welfare Corporation. All rights reserved

〒168-0065   杉並区浜田山4-31-5
TEL:03-3312-3737 / FAX:03-3316-0732